読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rouge and Blue and ・・・

不惑まであと数年! 迷いを断ち切れるのか!(まあでも50になったらなんとか知命するだろう)・・・と思っています

10年ごし、子宮筋腫が大きくなってた

子宮筋腫と手術のこと

私は2014年8月に子宮筋腫をとるための開腹手術をしました。


もともと、20代半ばに

小さな子宮筋腫があることは診断でわかっていました。

 

生理痛もちょっと強かったし、不順だったりしましたし

子宮筋腫の成長を遅らせることができる、

そう聞いたので当時ピルを飲んだりしてました。

 

でもピルが合わなかったのか

目の前が真っ白になって立っていられなくなったり

吐き気が止まらなかったり

その頃百貨店で働いていたので、朝番シフトでお店に一人しかいないなんてときに

そんな状態になってしまったこともあり

結局ピルは飲むのをやめてしまったのでした。

 

でもクリティカルな大量出血もそれによる貧血もなかったので

生理不順は当たり前だけど、ちょっと生理痛がひどいくらい(2年に1回救急車)

そんな感じでのらりくらりと10年が経っていました。

 

 

そんな私の子宮筋腫が大きく成長していたことは

日常生活を送る中で、実はほとんどそれとわかるような違和感はないものでした。

 

でも不思議なもので、

それがある、とわかったときから何かが変わるものです。

 

「そういえば」「いわれてみれば」「やっぱり」・・・

検査で子宮筋腫が大きくなっていた事実を知ってから

どんどんおなかの中の異物感は強くなっていったのでした。

 

 

まあ、それなりに大きさがあって、おなかの中央に鎮座ましますその物体は

物理的に正しく私のからだを圧迫していたんですね。

 

腰が痛くなったり、便が細くなったり。

それのせいだとは思っていませんでしたが、たしかにそんな感じでした。

 

便が細くなったことについては、別の時期に「大腸ガン?!」なんて

思ったこともありました。

 

 

実際、検査で直径9センチのボールのような子宮筋腫があるとわかったときは

 

「ああ。こりゃあでかいわ。輪切りの写真の面積をすごいシェアで占めてる」

 

なるほどなーと冷静でした。

 

 

それでも私の子宮筋腫は悪い類のものではなく

且つ具合の悪い場所にできていたわけではなかったので

そういう点で、症状に苦しんでいるほかの方のより

ずっとのんきなものでした。

 

 

次は放置していた子宮筋腫について、

検査をうけるきっかけになった出来事を・・・

 

つづく